データ容量ごとの月額料金比較!どの格安スマホが良コスパ?

選び方

データ容量ごとの月額料金比較!どの格安スマホが良コスパ?

更新日:

うちにはデータを沢山使う子供と、殆ど使わないおじいいちゃん、おばあちゃんがいるから、ちょうどいい格安スマホ会社を選ぶのが難しいわ・・・
格安スマホ会社もいっぱいありすぎて、迷っちゃうのにゃ~
迷ったときは、家族の中で一番スマホを使ってる人を基準にデータ容量を決めてから、各社の通信スピードや料金を比較するといいね。この記事では、各データ容量ごとに特徴や料金を比較できるようにまとめたから、参考にしてね!

使うデータ容量ごとに、コスパの良い格安スマホは変わってきます。

この記事では、格安スマホ11社におけるデータ量ごとのプランを比較します。この記事を読むことで、最もコスパの良い格安スマホを知ることができます。

11社のデータ容量プランの分布

まず、格安スマホ会社がそれぞれ何ギガのプランを提供しているのかを見ていきましょう。

格安スマホ11社におけるデータ量ごとのプラン
格安スマホ会社 プラン数 ライト 500MB 1GB 2GB 3GB 5GB 6GB 7GB 8GB 9GB 10GB 12GB 14GB 15GB 20GB 21GB 24GB 30GB
DMMモバイル 10 - - - - - - - -
楽天モバイル 8 - - - - - - - - - -
mineo 6 - - - - - - - - - - - -
BIGLOBEモバイル 6 - - - - - - - - - - - -
LIBMOモバイル 6 - - - - - - - - - - - -
QTモバイル 5 - - - - - - - - - - - - -
UQモバイル 4 - - - - - - - - - - - - - -
OCNモバイルONE 4 - - - - - - - - - - - - - -
LINEモバイル 5 - - - - - - - - - - - - -
IIJmio 3 - - - - - - - - - - - - - - -
Ymobile 3 - - - - - - - - - - - - - - -

この表からわかることは、主に次の3つです。

  • 最もデータ容量のバリエーションが多いのは、DMMモバイル(10段階)
  • 最もデータ容量のバリエーションが少ないのは、IIJmioとYmobile(3段階)
  • 11社すべてが提供しているのは、容量3GBのプラン

データ容量については、各社バリエーションに差がありました。

ただ、わたしたちは契約したデータ量に応じて使う量を調整しますので、バリエーションが豊富なことがメリットになるとは限りません。

そして、11社すべてが3GBのプランを提供しています。このことから、3GBのプランを選択する利用者が非常に多いと推測できます。

では、次の章から各社の詳細なプランについて見ていきましょう。

このページを読まれている方が検討している容量をすぐ見れるよう、次の8つのグループに分けて解説します。

データ容量ごとに比較をする

自分が検討されているギガ数をクリックしてご覧ください。


データ容量ごとに比較をする

自分が検討されているギガ数をクリックしてご覧ください。

①ライトコース:月額平均1,700円

M/tr>

安い順 格安スマホ会社 プラン名 月額料金
1位 DMMモバイル ライトコース(最大通信速度200Kbps) 1,140円
2位

LIBMOモバイル ライトプラン(最大通信速度200Kbps) 1,180円
3位 UQモバイル データ無制限+音声通話プラン(送受信最大500kbps) 2,680円

ライトコースは、200~500kbpsの低速スピードでしか通信できない、超ライトユーザー向けのプランです。1日中自宅のWi-Fi環境で使う方向けです。

DMMモバイルが最も安いですが、1GB前後のプランと価格の差はほとんどありません。ですから、もしこのライトコースを検討されているのであれば、次に解説する②500MB~2GBコースにしたほうがよいでしょう。

②容量500MB~2GB:月額平均1,500円

安い順 格安スマホ会社 プラン名 月額料金
1位 QTモバイル(ドコモ回線) データ+通話コース 1GB 1,170円
(1年目890円/2年目以降1,450円)
1位 QTモバイル (au回線) データ+通話コース 1GB 1,170円
(1年目890円/2年目以降1,450円)
3位 LINEモバイル LINEフリー 1GB 1,200円
4位 DMMモバイル シングルコース 通話対応SIMプラン 1GB 1,260円
5位 mineo(au回線) Aプラン デュアルタイプ 500MB 1,310円
6位 DMMモバイル シングルコース 通話対応SIMプラン 2GB 1,380円
7位 mineo(ドコモ回線) Dプラン デュアルタイプ 500MB 1,400円
7位 BIGLOBEモバイル 1ギガ 音声通話スタートプラン 1,400円
9位 QTモバイル(ソフトバンク回線) データ+通話コース 1GB 1,420円
(1年目1,140円/2年目以降1,700円)
10位 mineo(ソフトバンク回線) Sプラン デュアルタイプ 500MB 1,750円
11位 楽天モバイル スーパーホーダイ プランS/2GB 2,980円

基本容量500MB~2GBのプランは、スマホをほとんど使わない方、もしくは自宅のWi-Fiで使う方向けのプランです。動画を見ない方が検討されるプランだと思いますので、通信スピードは重視しなくてもよいでしょう。

最もコストが安いのは、QTモバイルのau回線とドコモ回線のプランです。特にキャンペーンを行っているわけではなく、通常でこの値段です。

3位のLINEモバイルの「LINEフリープラン」は、LINEの通信量が基本データ量から引かれません。つまり、LINEで写真を送ったり、LINEで音声通話したりしてもデータが減りません。ですから、LINEをたくさん使う方におすすめのプランです。

③容量3GB:月額平均1,700円

データ容量3GBのプランは、自宅にWi-Fiがあり、外でもたまに使う方向けのプランです。

3GBのプランを検討される方は、自宅以外でもインターネットを使うと思いますので、通信スピードが速いものを選んだ方がいいでしょう

容量3GBのスピードが速い4つのプラン

安い順 格安スマホ会社 プラン名 月額料金
1位 UQモバイル おしゃべりプラン・ぴったりプラン プランS(※) 2,480円
(1年目1,980円/2年目以降2,980円)
1位 Ymobile スマホプランS 2,480円
(1年目)1,980円/2年目以降2,980円)
1位 UQモバイル データ高速+音声通話プラン 1,680円
4位 BIGLOBEモバイル 3ギガプラン 1,600円

(※)増量オプションを適用

3GBのプランで速度が最も速いのは、UQモバイルYmobileです。キャリア並みの高速通信で、昼間も快適に使えます。ただし、月額料金は平均値よりも約800円高くなります。

次に速度が速いBIGLOBEモバイルは、提供している2種類の回線のうちau回線の方が速いです。昼も標準画質の動画再生を行えます。

ちなみに、UQモバイルのおしゃべりプラン・ぴったりプランとYmobileのスマホプランSは、価格が高い分無料通話がついてきます。

UQモバイル 無料通話分の内容

  • UQモバイル「おしゃべりプラン」:5分以内の通話が無料
  • UQモバイル「ぴったりプラン」:60分の無料通話付き
  • Ymobile:10分以内の電話が無料

無料通話が不要な方は、UQモバイルの「データ高速+音声通話プラン」かBIGLOBEモバイルを選ぶとよいでしょう。

容量3GBのコスパ◎の5つのプラン

安い順 格安スマホ会社 プラン名 月額料金
1位 QTモバイル(ドコモ回線) データ+通話コース 3GB 1,270円
(1年目990円/2年目以降1,550円)
1位 QTモバイル(au回線) データ+通話コース 3GB 1,270円
(1年目990円/2年目以降1,550円)
3位 DMMモバイル シングルコース 通話対応SIMプラン 3GB 1,500円
4位 mineo(au回線) Aプラン デュアルタイプ 3GB 1,510円
5位 QTモバイル(ソフトバンク回線) データ+通話コース 3GB 1,520円
(1年目1,240円/2年目以降1,800円)

容量3GBのプランで最も安いのは、QTモバイルのau回線とドコモ回線のプランです。

コストが安いこれらの5つのプランの通信スピードは、やや遅いです。特に昼間の通信速度には期待できませんのでご注意ください。

容量3GBのその他のプラン

安い順 格安スマホ会社 プラン名 月額料金
6位 LIBMO 3GBプラン 1,580円
7位 楽天モバイル 組み合わせプラン 3.1GB 1,600円
7位 IIJmio ミニマムスタートプラン 3GB 1,600円
7位 mineo(ドコモ回線) Dプラン デュアルタイプ 3GB 1,600円
12位 LINEモバイル コミュニケーションフリープラン 3GB 1,690円
13位 OCNモバイルONE 月単位コース3GB 1,800円
14位 mineo(ソフトバンク回線) Sプラン デュアルタイプ 3GB 1,950円
15位 LINEモバイル MUSIC+プラン3GB 2,390円

その他のプランでは、LINEモバイルのソフトバンク回線と楽天モバイルが比較的スピードが速めです。

④5~8GB:月額平均2,400円

データ容量5~8GBのプランは、スマホをよく使う方、もしくは家にWi-Fiが無い方向けのプランです。外でもそれなりに使うと思いますので、通信スピードを重視したほうが良いでしょう。

容量5~8GBのスピード重視派の7つのプラン

安い順 格安スマホ会社 プラン名 月額料金
1位 BIGLOBEモバイル 6ギガプラン 2,150円
2位 楽天モバイル 組み合わせプラン 5GB 2,150円
2位 LINEモバイル コミュニケーションフリープラン 5GB 2,220円
2位 LINEモバイル MUSIC+プラン5GB 2,720円

2位 LINEモバイル コミュニケーションフリープラン 7GB 2,880円
2位 LINEモバイル MUSIC+プラン7GB 3,280円

2位 楽天モバイル スーパーホーダイ プランM/6GB 3,980円

5~8GBを提供している格安スマホの中では、BIGLOBEモバイルが比較的速いです。2種類提供されている回線のうち、au回線の方がスピードが出る傾向があります

楽天モバイルとLINEモバイルは、超高速というわけではありませんが、普通に使えます。なお、LINEモバイルはソフトバンク回線の方がスピードが出ます。

楽天モバイルの「スーパーホーダイ」は、高速通信を使い終わっても、動画を見れるくらいの1Mpbsのスピードで通信できます。さらに、10分以内の国内通話は無料です。

容量5~8GBのコスト重視派の5つのプラン

安い順 格安スマホ会社 プラン名 月額料金
1位 QTモバイル(au回線) 6GBプラン 1,620円
(1年目 990円/2年目以降2,250円)
1位 QTモバイル(ドコモ回線) 6GBプラン 1,620円
(1年目 990円/2年目以降2,250円)
3位 OCNモバイルONE 月単位コース6GB 1,800円
4位 QTモバイル(ソフトバンク回線) 6GBプラン 1,870円
(1年目 1,240円/2年目以降2,500円)
5位 DMMモバイル シングルコース 通話対応SIMプラン 5GB 1,910円

ばり得キャンペーン適用時(2019年5月31日まで)

容量5~8GBでコストが最も安いのは、QTモバイルのau回線とドコモ回線です。2019年5月31日まで申し込むと、3GBと同じ料金が適用されるキャンペーンを実施中です。

ただし、上記に挙げたQTモバイルやOCNモバイル、DMMモバイルの通信速度はやや遅いです。速度を求めず、コストを重視する方向けのプランだといえるでしょう。

容量5~8GBのその他のプラン7つ

安い順 格安スマホ会社 プラン名 月額料金
8位 LIBMOモバイル 6GBプラン 2,180円
9位 mineo(au回線) 6GBプラン 2,190円
10位 IIJmio ライトスタートプラン 7GB 2,220円
11位 mineo(ドコモ回線) 6GBプラン 2,280円
12位 DMMモバイル シングルコース 通話対応SIMプラン 7GB 2,560円
13位 mineo(ソフトバンク回線) 6GBプラン 2,630円
14位 DMMモバイル シングルコース 通話対応SIMプラン 8GB 2,680円

mineoとDMMモバイル、IIJmio (ドコモ回線) の通信速度はやや遅め、LIBMOモバイルとIIJmio (au回線) の速度はそれよりも遅いです。

⑤容量9~10GB:月額平均3,200円

容量9~10GBのプランは、スマホをよく使う方向けのプランです。動画をたまに見て、SNSも頻繁に使っている方が多いです。

通信スピードはもちろん、よく使うアプリがカウントフリーになるプランを選択するとよいでしょう。

9~10GBの速度重視派の2つのプラン

速い順 格安スマホ会社 プラン名 月額料金
1位 UQモバイル おしゃべりプラン・ぴったりプラン プランM 9GB 3,480円
(1年目2,980円/2年目以降3,980円)
1位 Ymobile スマホプランM9GB 3,480円
(1年目2,980円/2年目以降3,980円)

※増量オプションを適用

9~10GBのプランで速度を重視するのであれば、UQモバイルYmobileがおすすめ。どちらも超爆速で通信が行えます。

大きな違いは、UQモバイルはau系、Ymobileはソフトバンク系なこと。基本プランについてくる無料通話の違いは、次のとおりです。

契約期間ごとの割引料金

  • UQモバイル「おしゃべりプラン」:5分以内の通話が無料
  • UQモバイル「ぴったりプラン」:60分の無料通話付き
  • Ymobile:10分以内の電話が無料

容量9~10GBのコスパがよい5つのプラン

安い順 格安スマホ会社 プラン名 月額料金
1位 DMMモバイル シングルコース 通話対応SIMプラン 10GB 2,890円
2位 QTモバイル(au回線) 10GBプラン 2,970円
(1年目2,690円/2年目以降3,250円)
2位 QTモバイル(ドコモ回線) 10GBプラン 2,970円
(1年目2,690円/2年目以降3,250円)
4位 LIBMOモバイル 10GBプラン 2,980円
5位 mineo(au回線) 10GBプラン 3,130円

最もコストが安いのは、DMMモバイルの10GBコースです。DMMモバイルは、月250円でSNSがカウントフリーになるので、使うことが多い方は通信量を節約できます。

通信スピードについては、DMMモバイルとQTモバイル、mineoはやや遅め。LIBMOはこれらよりもさらに遅いです。

容量9~10GBのその他のプラン5つ

安い順 格安スマホ会社 プラン名 月額料金
6位 QTモバイル(ソフトバンク回線) 10GBプラン 3,220円
(1年目2,940円/2年目以降3,500円)
6位 LINEモバイル コミュニケーションフリープラン 10GB 3,220円
6位 mineo(ドコモ回線) 10GBプラン 3,220円
11位 LINEモバイル MUSIC+プラン10GB 3,520円
12位 mineo(ソフトバンク回線) 10GBプラン 3,570円

容量9~10GBのその他のプランで特色があるのは、LINEモバイルの「コミュニケーショフリー」と「MUSIC+」です。

「コミュニケーションフリー」は、LINE・Twitter・Facebook・インスタグラムが、「MUSIC+」はこれらに加えてLINE MUSICがカウントフリーとなります。

SNSの利用頻度が多い方は、通信量を節約できるでしょう

⑥容量12~15GB:月額平均4,200円

安い順 格安スマホ会社 プラン名 月額料金
1位 IIJmio ファミリーシェアプラン 12GB 3,260円
2位 BIGLOBEモバイル 12ギガプラン 3,400円
3位 DMMモバイル シングルコース 通話対応SIMプラン 15GB 3,980円
4位 楽天モバイル スーパーホーダイ プランL/14GB 5,980円

容量12~15GBのプランは、スマホのヘビーユーザーか、複数の端末や家族間で基本容量を分け合いたい方向けです。

次の3つに着目して検討すると良いでしょう。

容量12GB-15GBで検討中の方が格安スマホ会社を選ぶポイント

  • 通信スピード
  • よく使うアプリがカウントフリーになるか
  • 基本容量を分け合える仕組みがあるか

通信スピードが最も速いのは、BIGLOBEモバイルです。特にau回線が速いでしょう。楽天モバイルは超高速というわけではありませんが、普通に使えます。高速通信を使い切っても、最大1Mpbsの通信速度で使い放題です。

BIGLOBEモバイルは、月480円の「エンタメフリー・オプション」で特定の動画アプリと音楽アプリの通信量がカウントされません。対象アプリにYouTubeも含まれており、YouTubeを外で見ても速度制限されません。

DMMモバイルは、月250円の「SNSフリー」をつけると、LINE・Twitter・Facebook・Facebook Messenger・インスタグラムがカウントフリーです。SNSをたくさん使用される方は、容量を節約できます。

基本容量を分け合って使えるのは、IIJmioBIGLOBEモバイルDMMモバイルです。楽天モバイルについても容量を分け合う仕組みはあるのですが、分け合えるのは翌月繰越分のみです。

⑦容量20~24GB:月額平均5,100円

容量20~20GBを検討されるのは、動画やオンラインゲームをガンガン使うヘビーユーザーの方、もしくは家族で基本容量を分け合う方でしょう。

通信速度と基本容量を分け合う点に注目してみましょう。

容量20~24GBの速度重視派の3つのプラン

速い順 格安スマホ会社 プラン名 月額料金
1位 UQモバイル おしゃべりプラン・ぴったりプラン プランL21GB 5,480円
(1年目4,980円2年目以降5,980円)
1位 Ymobile スマホプランL21GB 5,480円
(1年目4,980円2年目以降5,980円)
3位 BIGLOBEモバイル 20ギガプラン 5,200円

※増量オプションを適用

速度を重視する方におすすめなのは、UQモバイルとYmobile、BIGLOBEモバイルの3社です。特にUQモバイルとYmobileは、格安スマホの中でNo.1の通信スピードを誇っています。

BIGLOBEモバイルはドコモ回線よりもau回線の方がスピードが出るでしょう。

容量20~24GBでコストが安い5つのプラン

安い順 格安スマホ会社 プラン名 月額料金
1位 mineo(au回線) 20GBプラン 4,590円
2位 mineo(ドコモ回線) 20GBプラン 4,680円
2位 DMMモバイル シングルコース 通話対応SIMプラン 20GB 4,680円
2位 LIBMOモバイル 20GBプラン 4,680円
5位 楽天モバイル 組み合わせプラン 20GB 4,750円

容量20~24GBでコストが最も安いのは、mineoのau回線とドコモ回線です。ただし、mineoは通信速度がやや遅めです。

高速というわけではありませんが、普通に使えるのは楽天モバイル。DMMモバイルはやや遅め、LIBMOモバイルは遅いです。

その他の6つのプラン

安い順 格安スマホ会社 プラン名 月額料金
6位 QTモバイル(au回線) 20GB 4,795円
(1年目4,690円/2年目以降4,900円)
6位 QTモバイル(ドコモ回線) 20GB 4,795円
(1年目4,690円/2年目以降4,900円)
7位 OCNモバイルONE 20GBプラン 4,850円
8位 QTモバイル(ソフトバンク回線) 20GB 4,995円
(1年目4,890円/2年目以降5,100円)
9位 mineo(ソフトバンク回線) 20GBプラン 5,030円
13位 楽天モバイル スーパーホーダイ プランLL/24GB 6,980円

OCNモバイルONEは、音楽アプリの通信がカウントフリーになります。音楽ストリーミングを外で使う方は、容量を節約できるでしょう。

楽天モバイルは、高速通信を使い切っても1Mbpsの通信を行えたり、10分以内の国内通話が無料になったりします。料金は高めですが、付加価値が高いです。

⑧容量30GBプラン:月額平均6,800円

スマホで動画を長時間見る方向けのプランです。

安い順 格安スマホ会社 プラン名 月額料金
1位 楽天モバイル 組み合わせプラン 30GB 6,150円
2位 mineo(au回線) 30GBプラン 6,510円
3位 LIBMOモバイル 30GBプラン 6,580円
4位 mineo(ドコモ回線) 30GBプラン 6,600円
5位 OCNモバイルONE 30GBプラン 6,750円
6位 QTモバイル(au回線) 30GBプラン 6,795円
(1年目6,690円/2年目以降 6,900円)
6位 QTモバイル(ドコモ回線) 30GBプラン 6,795円
(1年目6,690円/2年目以降 6,900円)
8位 QTモバイル(ソフトバンク回線) 30GBプラン 6,995円
(1年目6,890円/2年目以降 7,100円)
9位 mineo(ソフトバンク回線) 30GBプラン 6,950円
10位 BIGLOBEモバイル 30ギガプラン 7,450円

最も通信速度が速いのは、BIGLOBEモバイル。au回線が特に速いでしょう。

最もコストが安いのは楽天モバイルの組み合わせプランです。楽天モバイルは超高速というわけではありませんが、普通に使える格安スマホです。

OCNモバイルONEは、音楽アプリがカウントフリーになります。音楽ストリーミングアプリを活用される方におすすめです。

BIGLOBEモバイルは、月480円で音楽アプリと動画アプリがカウントフリーです。YouTubeやAbemaTVを外で見ても通信量にカウントされませんので、通信速度制限を気にせず使えます。

まとめ

ここまで、容量別の各社のプランについて解説しましたが、いかがでしょうか?

容量別の最安値通信スピードの速い格安スマホをまとめますと、以下となります。

最安の格安スマホ 最速の格安スマホ
①ライトコース DMMモバイル UQモバイル(500kbps)
②500MB~2GB QTモバイル(ドコモ回線・au回線) BIGLOBEモバイル
③3GB QTモバイル(ドコモ回線・au回線) UQモバイル/Ymobile
④5~8GB QTモバイル(ドコモ回線・au回線) BIGLOBEモバイル
⑤9~10GB DMMモバイル UQモバイル/Ymobile
⑥12~15GB IIJmio BIGLOBEモバイル
⑦20~24GB mineo(au回線) UQモバイル/Ymobile
⑧30GB 楽天モバイル BIGLOBEモバイル

格安スマホは、価格や通信速度に加えて、自分の使い方によって合うプランが違います。重視するポイントに優先順位をつけて、自分にピッタリのプランを見つけてください。

-選び方

Copyright© 格安スマホ乗り換え教室 , 2020 All Rights Reserved.