選び方

格安スマホ会社は500社を超える!ここからどうやって選ぶべき?

更新日:

格安スマホという言葉を、今では「聞いたことがない」という人の方が少ないのではないでしょうか?

格安スマホとはいったい何を指すのかということを疑問に思った人もいるかと思います。

言い方が様々あり混乱する部分ですが、ここでいう格安スマホとは、
大手のキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)以外の事業者が、安い価格で提供しているモバイル通信サービス(スマートフォンやタブレットにSIMを使った通信)
一緒に販売している端末(スマホ本体やタブレット本体)を指しています。

この格安スマホの事業者は今や500社を超えるんだって!
多すぎるよね!。どうやって選んだらいいの。。。
格安というくらいなので、月々の支払いが安くなることは想像に難くないと思います。でも、格安スマホの選び方が全くわからない。。。そんな方の為に、ここでは選び方の基本を教えます。

格安スマホとは

格安スマホは、MVNO、格安SIMと同じ意味で使われていることが多いです。
それらの言葉は、大手のキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)から電波を借りている格安携帯事業者のことを指していることがほとんどです。

このサイトでも、同じく格安で通信サービスやスマホ販売を行っている事業者、およびサービスを指して「格安スマホ」と定義します。

はじめての格安スマホ選びで不安なこと

長年使っていたキャリアを離れて、新しく格安スマホに乗り換えた人も少なくないと思います。

月の通話が少なく、データー利用が多い人にはお勧めのプランが星の数ほどあると言って過言ではありません。

しかし、格安スマホ初心者には、まだわからないことが多く、興味はあっても二の足を踏んでしまうと思います。
そんな方の疑問にお答えするべく、この記事では「格安スマホ、格安SIMの選び方」の基本を紹介します。

参考にして、安くて品質の良い携帯会社を見つましょう。

格安スマホは自分でもちゃんと使える?疑問を解消しよう

これまで大手の携帯会社(ドコモ、au、ソフトバンク)を使っていた人が、なかなか格安SIMに踏み込めない理由は、何でしょうか?

通信速度はどうなのか
通話をしたら高くなるのではないか

などなど、気になることは尽きません。

今まで使っていた携帯電話を使いたいけど、格安スマホ会社のSIMを使える?
SIMフリーって何だろう?
自分が今使っているスマホでそのまま格安スマホ会社のプランに乗り換えできるの?

などなど、様々な疑問があるかと思います。

通信速度は安定していて通常時サクサク使える

通信速度については、大手の携帯会社(ドコモ、au、ソフトバンク)から電波を借りているので、その大手キャリアが入るエリアは難なくつながると言われています。

それも例外があるのですが、人が多いところや、みんなが使うと予想されるお昼や18時からの30分間は繋がりずらいそうですが、それもサービスが安定してきた今は、問題ないスピードで読み込んでくれます

元旦や災害時などの緊急時や、イベント開催場所などの多くの人が集まる場所では大手キャリアもつながりずらいのですから、これは格安スマホに限った話ではないと考えられます。

つまり需要と供給のバランスが取れて、安定した通信環境(速度やエリア)を提供できるようになったということです。

ユーザーが多く、意見が集まると解消するためにサポートが強くなる

故障や問い合わせでも不安に思われている人が多いと言われていましたが、これも今は解消されています。

それでも不安、という方は、大手企業が運営している格安スマホサービスを利用すると良いでしょう。
格安スマホで有名な会社といえば、CMや広告でご覧になったことがある数社を思い出すことと思います。

そういった有名企業であれば、比較的サポートが優れていますので、聞いたことのないような会社よりは、
大手企業が運営している格安スマホ(格安SIM)を選ぶと安心です。

広告費にお金をかけているから携帯料金プランが高くなるのでは?という心配はなく、
広告に力を入れている企業は元々大手企業であパターンがほとんどです。

格安サービスであるにも関わらず、安定したサービスを提供していることもうなずけますね。

自分に合った格安スマホ(格安SIM)会社をお探しの方へ

このサイトの管理人が調べた格安SIMのサイト一覧をご覧ください。

格安スマホ(SIM)比較

格安スマホの場合は、店舗が無いの会社が多いので注意

格安スマホ(格安SIM)を提供している会社は、大手携帯会社のようにどこでも店舗があるわけではないです。
格安サービスを提供するには、人件費や店舗にかかる経費を抑える工夫がされています。

しかし、全くサポートがないわけではありませんので、安心してください。
チャットなどでリアルタイムで手続きのサポートをしてくれるところも多くなっています。

サポートに電話をかけたら何十分も待たされた・・・という苦い経験をお持ちの方も多いと思いますが、
チャットでのサポートは迅速な返信があり、時間を無駄にする心配がありません。

SIMフリーの問題も、契約するMVNOが借りている大手携帯会社によってSIMフリーの手続きをしなくても良かったりします。

しかも、端末とセットで販売している場合、自分で初期設定を行うことなく届いた瞬間に使うことができます。

この『APN設定』という初期設定も、サポート体制の整ったところではチャットでリアルタイム解決してくれるので安心です

通話し放題プランと30秒20円かを自分で選ぶことができる

次に通話はどうするのか問題ですが、通話プランが入ったMVNO会社を選べば問題ありません。
専用の通話アプリを入れる方法や、通話料がお得になるプランを選択できます。

例えば、通話定額プラン(かけ放題)を契約すれば、いつ誰にかけても通話料が無料になったり、
特定の相手、特定の時間だけかけ放題になるプラン、専用アプリを入れることで通話料が割安になるなど、通話料に関しても心配は不要です。

これも格安スマホの良いところです。

MVNOの格安スマホの期間縛り

ちなみに、MVNO(格安スマホ会社)だと期間の縛りがない会社が多く、自分が変えたい時に好きな携帯会社に変えられます

ただし、プランやキャンペーンによっては期間の縛りがあるケースも多くあります。
また、機種代込みで月々支払いをしている人は、機種の支払いが終わるまでは割賦払い(分割払い)が続きます。契約内容によっては、支払いが終わるまで携帯会社の乗り換えや解約ができないケースもございますので、ご注意ください。

格安スマホ会社選びの基本についてのまとめ

ここまで、格安スマホ会社を選びときに知っておきたい基本について解説して参りました。

このように、一部制限はあるものの、格安SIM会社の規定は、大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)に比べるとユーザーの自由度が高いうえに、月々の料金も安くなるなんていいことばかりですよね。

ところで【どれだけ安くなるのか問題】については、大手携帯会社で6000円から8000円だったところ、同じくらいのデータ利用で2000円以内になります

端末代金含めて3000円くらいで十分使えますし、データ利用だけだともっと安く使っている人もいるくらいです。

自分が普段利用しているデータ量を調べて、一番安くなるMVNOを選ぶことが格安スマホの醍醐味と言えそうです。

-選び方

Copyright© 格安スマホ乗り換え教室 , 2020 All Rights Reserved.